旅行の写真とか、編み物の写真とか、あみぐるみ動画とか。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
神戸・姫路
7月19日、20日に神戸と姫路に行きました。

飛行機が着陸する際に「外は小雨が降っています」とアナウンスがありましたが、天気はなんとか大丈夫でした。
ただ、前日まで台風で避難警報が出ていたので、予定していた六甲山の方へは行けず。

まずはうろこの家。
街並みが素敵。


予定に穴が開いたため、ロープウェーに乗ってハーブ園へ。
ロープウェー乗り場で、「天空の城ラピュタ」でラピュタに到着したシーンのBGMがかかっていて、高所恐怖症なのにロープウェーに乗りたくなってしまったため。




ミモリの服を作りました。


ポートタワー。


二日目、姫路城。
改修工事が今年終わったので、人が多かったです。内部がじっくり見れなくて残念。


好古園。
12:27 / お出かけ / comments(0) / -
りぼんフェスタ2015
りぼんフェスタ2015に行きました。
目当ては「ケロケロちゃいむ」の藤田まぐろ先生の色紙。



ケロちゃは色紙だけの展示かと思いましたが、探すと結構見つかりました。

りぼん一番くじのダブルチャンスの商品画像。
一番くじの第二弾ではケロちゃもあるので楽しみです。


今後発売予定のカレンダーと手帳(それぞれ二種類)。




あと昔のふろくでシールの展示もありました。撮影禁止コーナーだったのが残念。

ペンタブ体験コーナーで缶バッチを作りました。
右が私。ペンタブ久々に触ったので……しかもクリスタ使うの初めてだったので……(言い訳)
左は一緒に行ったぷにゆきさんの作品。プロの犯行です。欲しい。


帰宅後にリベンジで描いたミモリ。


歴代のりぼんの表紙も閲覧できました。










ぷにゆきさんと電子書籍でケロちゃを見ながら語り合ったり、
クリスタの使い方を教えていただけたりと、楽しい一日でした!
17:26 / お出かけ / comments(0) / -
那須どうぶつ王国
二度目の那須どうぶつ王国。
今回はだらけた姿の動物達が多かったです。

カピバラ。


ライチョウ。


ラクダ。
余裕で柵から顔が出るため、噛まれるかと思いました。






うさんぽしました。


一生懸命、草を食んでいる子でした。




17:13 / お出かけ / comments(0) / -
北村薫氏講演会
作家・北村薫先生の講演会に行ってきました。

私が先生の作品と出合ったのは、1996年にNHKでドラマ化された「スキップ」。
17歳の女子高生が目覚めたら42歳になっていた……という話です。
ドラマでは途中までしか見なかったので、最後は元の女子高生に戻れるのかな? なんて思っていました。あと「谷間の百合」の件しか覚えてないです。
そして、中学の時に進研ゼミで原作が紹介されていたのを見て、買って読みました。

これ、主人公は42歳のまま、42歳である事を受け入れて終わってしまうんです。
中学生の自分には納得できなかったですね。
その後、年を重ねるごとに読み返し、段々と理解が出来るようになりました。

再会した高校の頃の友人に、「小さい子供の声を聞くと、自分が呼ばれている気がする」と言われて、主人公が「私にはそれが分からない」と泣く場面の、なんと切ない事か。
自分自身が42歳になった時に読み返すのが楽しみではありますが、その時の状況によって違う感想を持つのだろうと思います。
ただ、その私も17歳には戻る事は出来ないのです。

さて、講演会の第一部では「北村薫が語る日本の出版文化」のテーマで進められました。
巻物の状態の「方丈記」や、「黄表紙」などを実際に見せていただきました。
「方丈記」は巻物を伸ばしても教室の端から端までいかない長さなので、短い短いと言われてましたが、「ゆく河の流れは〜」の冒頭しか覚えて無い自分には、「あ、結構長いな」と思ったり。
北村先生の語りは軽妙で分かりやすかったです。小説でも言葉遊びやジョーク、話が脱線する感じがある(それが良い)のですが、語り方も似ているな、と。やっぱりこの小説を書いてるひとだな、と思いました。

第二部では「北村薫の創作活動」をインタビュー形式で送りました。
大方「詩歌の待ち伏せ」の話をされていたように思います。こちらは会場でも販売があり、なんとサインもいただきました。
今月末には「太宰治の辞書」が刊行予定との事。あと短編集も出るそうです。文庫化を心待ちにしております。
23:03 / お出かけ / comments(0) / -
伊豆
伊豆二日目。

泊まった旅館の目の前が海です。
旅館で出たアジの干物もアワビも美味しかったです。

朝焼け。




ちょうど、どんど焼きをしていました。


砂遊び。


下田。
ここに黒船が来たのでしょうか。
博物館も見学しました。


河津七滝。
17:56 / お出かけ / comments(0) / -
<< 2/21PAGES >>